[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

[Current Exhibition] 蓮沼執太、池谷陸、田中せり “unpeople” 4.20 Sat - 5.7 Tue

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

[Current Exhibition] 蓮沼執太、池谷陸、田中せり “unpeople” 4.20 Sat - 5.7 Tue

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

[Current Exhibition] 蓮沼執太、池谷陸、田中せり “unpeople” 4.20 Sat - 5.7 Tue

$33.00

PRIMARY INFORMATION

THE FLUXUS NEWSPAPER

前衛芸術運動「フルクサス」のメンバーにより発行された「フルクサス新聞(THE FLUXUS NEWSPAPER)」の全11号をまとめた一冊。「フルクサス新聞」は1964年1月から1979年3月までの間に発行され、「フルクサス編集評議会(Fluxus Editorial Council for Fluxus)」として知られる、アーティスト集団のメンバーが入れ替わりながら編集を担当した。最後の2号を除く全ての号が、「フルクサス」の創始者ジョージ・マチューナス(George Maciunas)によってデザインされた。

「フルクサス新聞」は、不定期に発行されたにもかかわらず、その活動におけるイベントや出版物、特にグループの有名なマルチプルや「フルックスキット(Fluxkits)」の宣伝に使用され、広告資料や注文書、価格表などが散りばめられていた。また、単なる宣伝や情報提供のための場に留まらず、60人以上のアーティストの作品や、新聞の見出し、広告、記事、コミック・ストリップが掲載され、グループの反芸術的な感覚や特徴的なユーモアが表現されている。

当初は、コンセプチュアル・アーティストのジョージ・ブレヒト(George Brecht)が1963年に開催された「ヤム・フェスティバル(Yam Festival)」の際に発表した単発の出版物『V TRE』にちなんで名付けられ、創刊号から2号の刊行は「cc」が使用された。これは、この新聞がブレヒトの原本の複製であることを示している。2号の発刊後、編集者たちは「V TRE」を含む他の様々なタイトルで遊び始め、「cc Valise e ThReE」、「Vacuum TRapEzoid」、「Vaseline sTREet」などといった号を制作した。

「フルクサス新聞」は、その活動に特有の創造的かつ「DIY」な姿勢を体現している。これは協力的であり学際的、そして反商業的であり、ユーモアがあり、誰にでもオープンなアプローチを指している。この定期刊行物はまた、アーティストによる新聞の初期の例でもあり、地下出版運動から発展し、60年代後半から70年代にかけて、アーティストたちが独自の作品を発表し、配布するための新しいメディアを模索し始めた時期に繁栄したのである。

収録アーティスト:
靉嘔、キャロル・ベルジェ、ヨーゼフ・ボイス、エレイン・ブロードウ、ジョージ・ブレヒト、クリスト、フィリップ・コーナー、ウォルター・デ・マリア、ウィレム・デ・ライダー、ベルン・エリスマン、ナイ・ファラバス[ビチ・フォーブスとして参加]、ロベール・フィリュウ、ヘンリー・フリント、ケン・フリードマン、 キャロリン・クルム、ハインツ・ガップマイヤー、オイゲン・ゴムリンガー、レイモンド・ヘインズ、ディック・ヒギンズ、ジェフリー・ヘンドリックス、ジョン・ヘンドリックス、アリス・ハッチンス、泉 龍、レイ・ジョンソン、ジョー・ジョーンズ、アラン・カプロー、ミラン・クニジャック、アリソン・ノウルズ、アーサー・ケプケ、 小杉武久、ルース・クラウス、フィリップ・クルム、リゲティ・ジェルジュ、ジョージ・マチューナス、アンガス・マクライズ、ジャクソン・マック・ロー、ラリー・ミラー、ピーター・ムーア、ハンス・ノルデンストレム、オノ・ヨーコ、ナム・ジュン・パイク、ベンジャミン・パターソン、ジェームズ・リドル、ディーター・ロス、 斉藤陽子、塩見允枝子、トーマス・シュミット、ダニエル・スポエリ、クリスター・ストレムホルム、刀根康尚、スタン・ヴァンダービーク、ベン・ヴォーティエ、ジャック・ヴィルグレ、ヴォルフ・フォステル、ヨシ・ワダ、ロバート・ワッツ、エメット・ウィリアムズ、ウィリアム・S.ウィルソン、ラ・モンテ・ヤング、マリアン・ザゼーラ

The Fluxus Newspaper collects all eleven newspapers published by the Fluxus art collective between January 1964 and March 1979. The newspapers were edited by an ever-changing team of artists known as the Fluxus Editorial Council for Fluxus and every issue, except the last two, was designed by Fluxus founder George Maciunas.

Although published irregularly, the newspapers were used to promote Fluxus events and publications, especially the group’s famous multiples and Fluxkits, with advertising materials, order forms, and pricelists interspersed throughout. More than just a space for promotion and information, the Fluxus newspapers featured the work of over sixty artists as well as appropriated newspaper headlines, advertisements, articles, and comic strips that are indicative of the group’s anti-art sensibility and characteristic humor.

Issues of the newspapers were originally designated as cc V TRE after the earlier, one-off publication V TRE, which artist George Brecht released on occasion of the Yam Festival (1963). The use of “cc” in these early issues indicated that the publication was a copy of Brecht’s original version. After the first two releases, the editors started to play with various other titles containing “>V TRE,” producing issues titled cc Valise e ThReE, Vacuum TRapEzoid, and Vaseline sTREet, among others.

The Fluxus Newspaper is exemplative of the “do-it-yourself” creative attitude characteristic of Fluxus an approach that is collaborative, interdisciplinary, anti-commercial, humorous, and open to anyone. The periodical is also an early example of the artist newspaper, a medium which grew out of the underground press movement and flourished in the late 60s and 70s as artists began to seek new mediums for presenting and distributing their work.

Artists featured in The Fluxus Newspaper include: Ay-O, Carol Bergé, Joseph Beuys, Elaine Bloedow, George Brecht, Christo, Philip Corner, Walter De Maria, Willem de Ridder, Bern Erismann, Nye Ffarrabas [participating as Bici Forbes], Robert Filliou, Henry Flynt, Ken Friedman, Carolyn Krumm, Heinz Gappmayr, Eugen Gomringer, Raymond Hains, Dick Higgins, Geoffrey Hendricks, Jon Hendricks, Alice Hutchins, Tatsu Izumi, Ray Johnson, Joe Jones, Allan Kaprow, Milan Knížak, Alison Knowles, Arthur Köpcke, Takehisa Kosugi, Ruth Krauss, Philip Krumm,  György Ligeti, George Maciunas, Angus MacLise, Jackson Mac Low, Larry Miller, Peter Moore, Hans Nordenström, Yoko Ono, Nam June Paik, Benjamin Patterson, James Riddle, Dieter Roth, Takako Saito, Mieko Shiomi, Tomas Schmit, Daniel Spoerri, Christer Strömholm, Yasunao Tone, Stan VanDerBeek, Ben Vautier, Jacques Villeglé, Wolf Vostell, Yoshimasa Wada, Robert Watts, Emmett Williams, William S. Wilson, La Monte Young, Marian Zazeela.

Fluxus was a loose international collective of artists, poets, and musicians with a shared impulse to challenge the existing conventions of art making and propose a model of how art could be part of one's life. After a series of year-long festivals in Europe between September 1962 and Summer 1963, Fluxus established its headquarters in downtown New York, and soon developed offshoot centers across the United States, Latin America, Europe, and Asia. George Maciunas acted as the spokesperson of the collective from 1962 until his premature death in 1978. He coined and employed the term Fluxus to describe the collectives wide range of activities, including performances, concerts, publications, multiples, and the founding of collective live/works spaces for artists (Fluxhouse Cooperatives) inter alia.

-
Pages: 80
Size: 267 x 356 mm
softcover
black and white

published by PRIMARY INFORMATION, 2024