[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: New Habitations: from North to East 11 years after 3.11 in Fukuoka(2024.7.13 Sat - 7.28 Sun)

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: New Habitations: from North to East 11 years after 3.11 in Fukuoka(2024.7.13 Sat - 7.28 Sun)

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: New Habitations: from North to East 11 years after 3.11 in Fukuoka(2024.7.13 Sat - 7.28 Sun)

$43.00

MOUSSE PUBLISHING

TAKE ME (I'M YOURS) / Christian Boltanski, Hans Ulrich Obrist

1995年、ロンドンの「サーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Gallery)」にて初めて開催され、2015年以降パリ、コペンハーゲン、ニューヨーク・ブエノスアイレスと様々な場所・形で展開された「Take Me (I’m Yours)」展は、キュレーターであり、「サーペンタイン・ギャラリー」でアーティスティック・ディレクターを務めるハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)とアーティストであるクリスチャン・ボルタンスキー(Christian Boltanski)が手がけ、芸術作品の見せ方を再考する必要性を問う一連の対談から発展したものである。来場者は慣例を破るように、通常であれば美術館では許されない行為を促された。作品に触れ、利用し、変化を加えることもでき、消費または着用するもよし、購入しても、無料で持ち帰っても、もしくは自分の持ち物と交換することも許された。

本書は、2017年11月から2018年1月までミラノの美術館「ピレリ・ハンガービコッカ(Pirelli HangarBicocca)」で開催された展覧会に伴い刊行された。単なる視覚的、記録的アーカイブにとどまらず、芸術の受け取りや寄付にまつわる、そして大衆を展示の形の中心点とするアイデアの発展を証明する一冊となっている。美術評論家でありキュレーターのレア・ヴェールジネ(Lea Vergine)、詩人、エッセイスト、翻訳家、文化評論家のルイス・ハイド(Lewis Hyde)、社会学者、研究者であるアルノー・エスクエール(Arnaud Esquerre)、哲学者のパトリス・マニグリア(Patrice Maniglier)、執筆家、文芸評論家、脚本家のアラン・パウルス(Alan Pauls)、キュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト、アーティストのクリスチャン・ボルタンスキー、そしてキュレーターであり美術史家のキアラ・パリージ(Chiara Parisi)とキュレーターのロベルタ・テンコーニ(Roberta Tenconi)がそれぞれの多種多様な視点を通し本テーマに光を当てている。ミラノでの展覧会を彩った作品を記録した膨大な図版とあわせて、1995年に「サーペンタイン・ギャラリー」で、アーミン・リンケ(Armin Linke)が撮影した未公開の歴史的な記録写真も収められている。

Take me (I’m yours). And what if it were art? If it were art itself asking us: Take me, saying to us: (I’m yours)? Would we believe it were really art saying and asking it? That it is indeed art that is talking? Can art talk? We know it speaks, but does it really talk? Is it the same exercise we perform, the same freedom we practice, the same abuse we commit, when we put phrases into the mouth of art and into the mouths of puppies and clothes gathering dust, of domestic appliances that will no longer be of any use?”—Alan Pauls

First presented in 1995 at the Serpentine Gallery in London—and in varying iterations in Paris, Copenhagen, New York, and Buenos Aires from 2015 on—the exhibition Take Me (I’m Yours) grew out of a series of conversations between curator Hans Ulrich Obrist and artist Christian Boltanski about the need to rethink how artworks are shown. Visitors to the show are invited to flout convention and do all the things they aren’t normally allowed to do in a museum: the works can be touched, used, or changed; they can be consumed or worn, purchased or taken free of charge, or exchanged for some personal item.

This book is not only a visual and written archive of the exhibition as presented at Pirelli HangarBicocca from November 1, 2017, through January 14, 2018, but also a testimony of the development of ideas around receiving and donating in art, and putting the public at the center of the exhibition process. The account is brought to vibrant light via heterogeneous points of view: art critic and curator Lea Vergine; poet, essayist, translator, and cultural critic Lewis Hyde; sociologist and researcher Arnaud Esquerre; philosopher Patrice Maniglier; writer, literary critic, and screenwriter Alan Pauls; curator Hans Ulrich Obrist; artist Christian Boltanski; and curators Chiara Parisi and Roberta Tenconi. The rich series of images documenting the works in the Milan exhibition is accompanied by previously unpublished historical photographs by Armin Linke of the 1995 show at London’s Serpentine Gallery.

-
Pages: 272
Size: 170 x 230 mm    
softcover
color, black and white

published by MOUSSE PUBLISHING, 2018