[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: 井野口匡 個展「KOKUSHI Inspire the Text」(2024.6.1 Sat - 6.18 Tue)

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: 井野口匡 個展「KOKUSHI Inspire the Text」(2024.6.1 Sat - 6.18 Tue)

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: 井野口匡 個展「KOKUSHI Inspire the Text」(2024.6.1 Sat - 6.18 Tue)

$56.00

WALTHER KÖNIG

2G No. 88 CARLA JUAÇABA

スペイン発の建築雑誌「2G Magazine」第88号。本号では、ブラジル人建築家のカーラ・フアサバ(Carla Juaçaba)を特集。作者は2000年に自らの名を冠した建築事務所をブラジルのリオデジャネイロに設立。公的ないし個人的なプロジェクトいずれにも携わり、住宅建設のみならず文化的プログラムも主として活動する。ブラジル初のがん患者のためのホスピスや、「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(Venice Biennale)」のバチカン館のために屋外チャペルをデザイン。本号では、作者の住宅建築のシリーズに注目し、「リオ・ボニート(Rio Bonito)」(2005年)、「ベランダ(Varanda)」(2007年)、「ミニマル(Minimal)」(2008年)や「サンタ・テレサ(Santa Teresa)」(2014年)を収録。また、サステナブルな発展のための国連議会の折に制作された巨大な仮設パヴィリオン「Humanidade(人間性)」も収録。このパヴィリオンの設計者として、作者は女性のための国際的な建築界の賞である第1回「アーク・ビジョン賞」を受賞している。

This latest issue of 2G is dedicated to the work of Carla Juaçaba, who founded her eponymous architectural practice in Rio de Janeiro, Brazil, in 2000. Her firm engages in both public and private projects, focusing on housing and cultural programmes; she designed Brazil’s first cancer hospice and an outdoor chapel for the Vatican’s pavilion at the Venice Biennale. This issue features her series of houses including Rio Bonito (2005), Varanda (2007), Minimal (2008) and Santa Teresa (2014), as well as the giant temporary pavilion Humanidade, created for a UN conference on sustainable development, which earned her the inaugural arcVision Prize, an international award for women in architecture.

-
Pages: 160
Size: 230 x 300 mm
softcover
color, black and white

published by WALTHER KÖNIG, 2023